tataraサロン

tatara全種 & tatara輪染みアク止め & osmo#420クリア 併用水平屋外暴露試験  2017.12/5〜2018.10/24

木材保護塗料による屋外クリア仕上げは、紫外線・風雨・温湿変化・汚染物質などによるもっともハードルが高く厳しい条件の仕上げである。
また、建築設計・建材・木工関連およびユーザーからの要望がもっとも多い仕上げでもある。

これまで試験してきたなかで日焼け防止効果がすぐれているのは、osmo#420クリアが圧倒的であった。(2017.6/10〜2018.5/23 12ヶ月ドイツ系オイル屋外クリアー塗料暴露比較試験資料)
とはいえ、天然素材である限り経年変化は避けられないのも事実である。
造膜系・半造膜系・天然植物系油由来の仕上げは、水はけを良くしないと木肌のカビ・腐朽が進行し、同時に美観もそこなってしまう。

tatara撥水セラミック/撥水無機ウッド各種は、無機系セラミック(二酸化ケイ素)由来のため、紫外線の日焼防止には強くないが防カビ・防汚・防腐効果は優れている。一長一短である。

tataraのアルコール溶剤は、オイル・ワックス・漆・ステイン着色剤などとの相性も比較的良好であることから、今回osmo#420との併用効果を試験することにした。
osmo#420すぐれた日焼防止効果とtataraの防水・防カビ・防汚性を組合わせるとどのような挙動を示すのか? 下記の仕様にて約11ヶ月かけて水平屋外暴露試験を実施・検証してみた。

●osmo#420を木材に擦り込み軽く拭き取った上にtatara全種類を塗工したもの、
●日焼防止・木質成分保持効果のあるtatara輪染みアク止下地にtatara全種を塗工したもの、
●tatara全種類のみを塗工したもの、

⬛️トガ材(45×15×910)tatara全種・輪ジミアク止め・osmo#420併用/水平屋外暴露試験 2017.12/5〜2018.10/24
約11ヶ月経過し表面灰化しやすいトガ材各ブロック右半分をウェットティッシュで拭き取り木地肌の状態を比較検証した。

※この屋外暴露比較試験資料は、tatara独自に実施したものであり公的な評価ではないことをご了承くださいませ。