tataraのこと

畿内のケヤキと、
玉鋼のカンナと、
木工家の熟練の手技。
3つの出会いと、
ほんとうにいい家具をつくりたいという想いが、
tataraを誕生させました。

ケヤキは木工家のこころを動かし、
カンナは木工家の手を動かし、
描かれる曲線の重なりがtataraになります。

tataraは、人生の伴侶のような椅子です。
使い手の長い年月に応えて、味わい深く変化していきます。
五年、十年、幾十年も、
あなたとともにありますように。